【SEO対策】ブログのキーワードについて詳しく解説!キーワードの配置場所は?

SEO

こんにちは。はるきんたです。今回はブログのキーワードについて詳しく解説していきたい思います。

 

ブログを書くときに最も重要な過程と言ってもおかしくないのがキーワード選定です。キーワード選定がしっかり出来ていないと、「自分が書いたブログが全然Google検索に引っかからない!」といったことも普通に起こりうるので、しっかりキーワードについての知識を身に付けておきましょう。

この記事を最後まで読んで下さいれば、以下のことが学べると思います。

  • キーワードとは
  • おすすめのキーワード 選定ツール
  • キーワード 選定のやり方
  • キーワードの配置場所

 

では、早速ブログのキーワードについて解説していこうと思います。

 

キーワードとは

検索窓に入力される単語がブログのキーワード

キーワードとは、ズバリ「検索窓に入力される単語または単語の羅列」のことです。

例えば、ブログを書いている人が、SEO対策について調べたいなと思っている時に検索窓に「ブログ SEO対策」と打ったりしますよね。

検索窓

 

この「ブログ SEO対策」という単語の羅列がキーワードということになります。

 

ブログのキーワードが正しく選定されていないと

キーワードが正しく選定されていないと、先程も述べた通り全く検索エンジンに引っかからないということが起こってしまいます。

例えば、極端な話ですが、自分が仮面ライダーに興味があったとして仮面ライダーになる方法について記事を書いたとします。それでキーワードを「仮面ライダー なり方」というふうに決めたとしても、ほぼ検索する人がいないですよね。

ですので、良く検索されるキーワードを選んで、それについてのブログを書くということが重要になってきます。




キーワード選定

初心者は3語からなるロングテールキーワードを狙え

次に、ブログのキーワード選定のやり方について解説します。

キーワードには以下の3種類があります。

  • 一語からなる「ビッグキーワード」
  • 二語からなる「ミドルキーワード」
  • 三語以上からなる「ロングテールキーワード」

 

ビッグキーワード

一語からなるキーワードのことを言います。例えば、「除毛クリーム」などといったキーワードで、検索する人はとても多いが、その分ライバルも強いということが特徴です。

また、キーワードが少ない分、読者がどういった目的でその単語を検索するのか読み解くことが難しくなってきます。読者からして全く意味のない記事になってしまうということもなり兼ねないので、初心者の方にはおすすめしません。

ミドルキーワード

二語からなるキーワードのことを言います。例えば、「除毛クリーム 市販」などといったキーワードで、ビックキーワードの記事よりも具体的な記事となり、読者が求めている記事により近づきます。

「除毛クリーム 市販」というキーワードであれば、市販の除毛クリームの効果はどうなのか、市販の除毛クリームの価格はどうなのか、肌荒れはしないのか。など、ビッグキーワードに比べて、書く記事の内容がグッと絞れてきます。

ロングテールキーワード

三語以上からなるキーワードのことを言います。例えば、「除毛クリーム 市販 肌荒れ」、「除毛クリーム 市販 価格」などといったキーワードで、ミドルキーワードよりもさらに記事の内容が絞られてきて、読者の検索目的に合った記事を書くことができると思います。

「除毛クリーム 市販 肌荒れ」というキーワードであれば、市販の除毛クリームは安いけど使用して肌荒れしないかどうか心配の人が検索するでしょう。また、市販の除毛クリームで肌荒れしない商品を紹介すれば、読者が求めている記事に間違いなく近くでしょう。

ロングテールキーワードだと、ライバルが少なかったりすることが多いので初心者の方にはロングテールキーワードから始めることをおすすめします。

 

おすすめのキーワード選定ツールは「ラッコキーワード」

私がおすすめするブログのキーワード選定ツールは「ラッコキーワード」というサイトです。初めてキーワード選定ツールを使うという方でも、簡単に出来ますし、プラグイン とかでもないので、邪魔になりません。キーワード選定をするときに「ラッコキーワード」と調べてすぐに使うことが出来ます。

使い方は簡単で、検索窓にキーワードを入力するだけです。ビッグキーワードを入力すれば、よく検索されているミドルキーワードが出てきますし、ミドルキーワードを入力すれば、ロングテールキーワードが出てきます。

ラッコキーワード

また、左にはそのキーワードが過去にどれだけ検索されたかグラフとして見れますので、より検索されているキーワードを選びましょう。

ラッコキーワード

 

「除毛クリーム」というキーワードは2020年の4月辺りから急に検索件数が多くなっていることが分かりますね。

 

ライバル人数を把握する

ここまででラッコキーワードでキーワードを選ぶということは分かったかと思います。キーワードを選んだとしても、そのキーワードのライバルが沢山いて自分のブログが上位に表示されないということになってはいけません。

キーワードを選びましたら、そのキーワードを実際に検索してみてライバルの数を調査しましょう。あまりにライバルが多すぎると良くないので、その時は諦めてキーワードを変更するようにしましょう。




ブログのキーワードの配置場所

では、キーワードは実際どこに配置すれば良いのでしょうか。私もキーワードが何なのか分からなかった時にキーワードについて検索しまくったことがあるのですが、どの記事も「キーワード選定は大事だ!」ばかり言っていて「結局どこに配置すれば良いんだよ!😭」ってなりました。

これからキーワードの配置場所について解説をしていきます。

キーワードはタイトル名の前半に入れる

まず、キーワードはタイトルに入れて下さい。Googleさんは読者が検索したキーワードと投稿者か書いたタイトルや記事の内容を見て、読者が求めているものにマッチした記事が検索に引っかかります。ですので、タイトルにはキーワードを入れるようにしましょう。

また、タイトルの前半部分に入れることで、読者が一目見て自分が求めている記事だと分かるように、記事の前半部分に入れるようにしましょう。あまりにも後半に配置してしまうと、「....」と省略されてしまうので注意が必要です。

記事の中にもキーワードを入れる

記事の中にも均等にキーワードを埋め込みましょう。記事の内容がタイトルのキーワードとマッチしていて、読者の悩みを解決できるかどうかGoogleさんは見ています。タイトルの内容と記事の内容があまりに違うとGoogleからの評価を落としてしまうということにもなり兼ねないので、記事の中にもキーワードを入れてキーワードに沿って話を進めていくようにしましょう。

 

まとめ

  • キーワードとは「検索窓に入力する単語」のこと
  • オススメのキーワード選定ツールは「ラッコキーワード」
  • 初めはロングテールキーワードを狙う
  • キーワードはタイトルの前半と記事内に埋め込む

 

以上でブログのキーワードについての話を終わります。

ここまで読んで下されば、キーワードにつて大体のことは分かってもらえたかと思います。

キーワード選定はブログを書く際に最も重要になってきますので、怠らないように心掛けましょう!

 

はるきんブログでは他にも様々なジャンルについての記事も投稿しています。良ければそちらも見てみて下さい。😄

スポンサーリンク

-SEO, その他
-,

© 2022 はるきんブログ Powered by AFFINGER5