【C言語入門】第3章:キーボード入力(scanf)について解説

c言語◀️第2章:演算のやり方

第4章:C言語エラーの対処法その①▶️

 

こんにちは。はるきんたです。今回はキーボード入力(scanf)の使い方について解説していこうと思います!

 

C言語キーボード入力scanfについて

C言語scanfで出来ること

scanfはプログラムの実行中にキーボードから変数に好きな値を代入することができます。

例えば以下のメリットがあります。

[scanfを習う前]

円の面積を求めるプログラムを作る時に、半径が変わる度にプログラムの変数を変える必要があった。

[scanfを習った後]

円の面積を求めるプログラムを作ったら、実行中に半径を入力するだけで好きな半径の円の面積を求められる。半径が変わったとしてもプログラムを変更する必要がない。

 

C言語scanfの書き方

では、実際にプログラムでscanfをどう使うのか解説します!

int型とdouble型では書き方が違いますので、どちらも覚えるようにしましょう。

メモ

[int型変数の場合]
scanf("%d", &変数名);

[double型変数の場合]
scanf("%lf", &変数名);

int型変数の時は%d, double型変数の時は%lfで、変数名の前には&を付けます。

入力したい変数が複数ある時

メモ

scanf("%d%d%d", &変数名, &変数名, &変数名 );

scanf("%lf%lf",  &変数名, &変数名);

scanf("%lf%d", &変数名, &変数名 );    (左:double型変数、右:int型変数)

 

scanfを使った円の面積を求めるプログラム(半径をキーボード入力)

円の半径をキーボード入力して、円の面積を求めるプログラムを書いてみましょう。

[プログラム]

#include
int main(){

int r;
double area;

printf("円の半径を入力して下さい。\n");
scanf("%d", &r);

area = r * r * 3.14;

printf("半径%dの円の面積は%.2fです。", r, area);

 

[実行結果]

./a.out
> 円の半径を入力して下さい。
> 3
> 半径3の円の面積は28.26です 。

※赤字の箇所がキーボードから入力した値です。値を入力したらEnterキーを押しましょう。

 

今回のQuestion

[問題]

以下の出力をする球の体積を求めるプログラムを書け。ただし、半径(r)はint型でキーボードから入力されるとする。計算した体積はdouble型の変数(volume)に代入し、小数点第二位までで出力せよ。円周率πは3.14とする。

 

[実行結果]

./a.out
> 球の半径を入力して下さい。
> 3
> 半径3の球の体積は113.04です。

※赤の太字はキーボード入力でイタリック体の黒の太字の箇所は適切な値を出力する。

 

 

[解答例]

#include<stdio.h>
int main(){

int r;
double volume;

printf("球の半径を入力して下さい。\n");
scanf("%d", &r);

volume = (double)4/3 * 3.14 * r * r * r;
printf("半径%dの球の体積は%.2fです。\n", r, volume);

return 0;
}

 

ちゃんと出力できましたでしょうか!

もし、分からなかった箇所がありましたら、前の章で全て解説してますので見直しましょう!

 

今回の章はここまでです!😊

次回の章では、ここまでプログラムを書いてエラーが出てきた時があると思いますが、そのエラーについて対処法を解説します!

また次の章でお会いしましょう!👋

 

スポンサーリンク

-プログラミング
-,

© 2022 はるきんブログ Powered by AFFINGER5